ヒメゲンゴロウ

2010.09.02(Thu)

引き続き、30日の調査の際に用水路で出会ったゲンゴロウについて紹介していきます。


以前、このブログで一度、雨の日に路上を這っている姿を紹介したヒメゲンゴロウ 。今回は、ゲンゴロウらしく水中で餌をとっているシーンです。かぶりついているのはもちろん、例の煮干


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100830 千葉市若葉区)


この用水路で確認した三種類のゲンゴロウのうち、全域に渡ってもっとも数が少なかったのがこのヒメゲンゴロウでした。とは言え一般的には普通種で、例えば皆さんが千葉市内の田んぼや水路でマルガタゲンゴロウ に出会うチャンスが一つあるとすれば、このヒメゲンゴロウに出会うチャンスは三つくらいあるでしょう。体長は1~1.2cm。紡錘形の身体はいかにも水の抵抗が少なそうです。肢の形状も見るからに泳ぐのに適しています。しかしこんなことを言ってはなんですが、種名を漢字で「姫源五郎」って書くと、なんだかおかまみたいですね。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

18:09 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑