コシマゲンゴロウ

2010.09.03(Fri)

用水路で記録したゲンゴロウ、三種類目はコシマゲンゴロウ です。ここでは文句なしに最大勢力でした。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100830 千葉市若葉区)


写真右、水面での呼吸の様子がわかります。ゲンゴロウの仲間は翅と腹部の間に空気を溜め込んで潜水し、時々こうしてお尻を水面に突き出して空気を入れ替えるのです。


さて、長さわずか数十メートルのこの用水路は、三十年ばかり前に全面的に耕作放棄された谷津田から流れ込む水を受ける集水マスから始まり、田んぼの脇をくねくねと曲がりながら川へと流入しています。マルガタゲンゴロウ の項で触れましたが、その水質は上流部と下流部で異なっているようです。


上流部ではマルガタゲンゴロウの姿が多く見られ、下るに従ってコシマゲンゴロウしか見られなくなります。そして、ある地点から下流ではゲンゴロウ類は全く生息していません。


その、「ゲンゴロウが消える地点」付近から、サカマキガイが急に増えてきます。サカマキガイといえば、汚い水の指標生物。見た目にはむしろ上流部のほうが水が濁っており、下流部は澄んでいます。ということは、逆に考えれば、下流部は化学的な汚染などで微生物が棲めない環境になっている可能性があります。どうやら今度は別な種類の調査をする必要がありそうですね。


サカマキガイとコシマゲンゴロウがちょうど並んだのでツーショット。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100830 千葉市若葉区)


私の拙い写真では半分も伝わらないだろうけれど、コシマゲンゴロウの背中の、なんと美しいことでしょう。時々、生き物を見ていると、誰か人智を超越したものがいるのではないかと思えてなりません。


なお、次回はサカマキガイについて取り上げます。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

17:20 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

りょうちゃん #79D/WHSg

1. 粋な縦縞模様


こんばんは!
光沢のある球形の翅に縞模様がきれいですね
マイフィールドの浅い水路のビオトープにも居るかもしれないので探してみましょう♪

2010.09.05(Sun) 22:22 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:粋な縦縞模様


>りょうちゃんさん
こんばんは!
濁った水の中にいると分かりにくいですが、日光が当たるとほんとにきれいです。

きっと、りょうちゃんさんの地元にもいると思います。いたら教えて下さいね。

2010.09.06(Mon) 17:22 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑