DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

クズ

クズの花が咲き出す季節です。その花穂は下から上へと咲いていきます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100902 千葉市若葉区)


言わずと知れたマメ科の蔓植物。その繁茂力は非常に強く、


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100902 千葉市若葉区)


あっという間に斜面林などを覆い尽くしてしまうこともしばしば。かつては澱粉の採取、家畜の飼料などに幅広く用いられてきましたが、今ではそういう目的で里山のクズが利用されることはほとんどありません。


このクズ、「世界の侵略的外来種ワースト100」のひとつに選定されています。


特にアメリカでは日本から飼料等の目的で持ち込まれたものが爆発的に増え、いろいろと問題を引き起こしています。何度もこのブログで書いているように、外来種による侵略という点では、日本も被害者にばかりなっているわけではありません。また、一方では日本産のクズがフィリピンのピナトゥボ火山噴火後の緑化に用いられたりもしています。砂漠緑化に利用する研究と試みも行われています。


生物が人間のためにある目的で運用される場合、現地の状況の把握と、その目的及び当該生物に関する知識の共有、そしてその場限りでない長期的な視野に立った管理ということが適切であるか否かが、先々の運命に大きくかかわってきます。私が考えるに、自然に関する活動をしてゆく人間は、その人のそれぞれの立場において、それが重かろうが軽かろうが、勉強することをやめること、満足して立ち止まることは決して許されないでしょう。なぜなら相手は自然なのですから。私もまあ、言ってみれば「屑」みたいな存在ではありますが、それを忘れずに精進したいと思います。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/05 16:45 ] 山野草 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。