ギンヤンマの産卵

2010.09.06(Mon)

このブログには、今までギンヤンマが登場したことは一度もありません。近所にいないからではありません(けっこういっぱいいます)。いつも飛んでばかりいて物にとまらないため、鮮明な写真が撮りにくいからです。


手元にたまっていくのは、このような、高速で縄張り水域の上空をパトロールする雄の写真ばかり、ということになります。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100831 千葉市若葉区)


それでも、きっと時間さえかければちゃんとした写真が撮れるでしょう。子供の頃から大好きなトンボだし、何しろ綺麗なので、そのうちじっくり腰を据えて撮ろうと思っていた矢先、たまたま自転車で通りかかった橋の上で、連結して飛ぶカップルを見つけました。さっそく自転車を下り、川沿いに追いかけると、なんかゴミみたいなものの上に着水し、産卵を始めました!


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100903 千葉市若葉区)


単独で産卵することの多いクロスジギンヤンマ と異なり、ギンヤンマは連結産卵です。雌はまるで赤トンボのように腹部が赤く見えます。雄は前翅の先端が欠損しており、歴戦の苦労をしのばせます。ギンヤンマの雄は、産卵中のカップルにも平気でちょっかいをかけたりするのです。


通常、植物の組織内などに産むはずですが、朽木や泥、浮遊物、こういうゴミなどを利用する場合も時にはあるようです。この後もつながったままでしばらく飛んでは、場所を変えながら産卵していました。


※ギンヤンマ

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

18:24 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

りょうちゃん #79D/WHSg

1. ギンヤンマ


こんばんは!
産卵場面が撮れてよかったですね♪
この夏、ギンヤンマかオニヤンマかわかりませんが一回だけ飛んでいるのを見ただけです。
シオカラトンボとハグロトンボはたくさんいるのですがね♪

2010.09.06(Mon) 23:55 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:ギンヤンマ


>りょうちゃんさん
こんばんは~。
はい、偶然撮れて嬉しいです。
この夏は日照りなので、水場が乾上ったりして来年は種類によってトンボが少なくなるかもしれません。しっかり記録していきたいと思います。

2010.09.07(Tue) 18:46 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑