カルガモの羽づくろい

2010.09.15(Wed)

昨日の記事に引き続き、舞台は千葉公園の綿打池です。スズメの水浴びの次はカルガモの羽づくろい風景をどうぞ。

 
(20100912 千葉市中央区)

水鳥にとって、羽づくろいはとても大切です。鳥には尾羽の根元あたりに尾脂腺というものがあり、カモなどでは特によく発達しています。ここから出る油を身体に塗り、水を弾くようにするのです。特に体の下側は念入りに羽づくろいを行います。時折、水に嘴をつけて口をゆすぐような動作をしています。なぜかミシシッピアカミミガメがやってくるのはご愛嬌。

・・・自転車のおじさんが通りかかったので中断。続きはこちらです。

 
(20100912 千葉市中央区)

無事終了。池に繰り出し、大きく羽を広げてばたばたっと羽ばたいてフィニッシュ。心なしか、気持ち良さそうな顔つきに見えますね。


(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

18:02 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑