DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジョロウグモの雌雄

立派なジョロウグモ の巣に、もう一匹、小さなクモが居候しているようです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100914 千葉市若葉区)


実は、この上にいる小さいほうのクモが、ジョロウグモの雄なのです。改めて個別に拡大すると、これが雌で、


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100914 千葉市若葉区)


これが雄。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20100914 千葉市若葉区)


雌の半分以下のサイズしかない上、この雄は右側の脚が二本ほど欠損しており、さらに哀れを誘います。今頃から10月にかけてがちょうど繁殖・交尾のシーズンで、時には複数の雄が雌の巣に同居しているのも見かけます。


ジョロウグモの雄にとって、雌との交尾は命がけです。雄は雌が食事をしていたり脱皮をしていたりする隙をついて素早く交尾を済ませようとします。理由はもちろん、そういう時でないと食べられちゃう可能性があるからであることは言うまでもありません。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/09/16 20:14 ] 鋏角類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。