オニヤンマのヤゴ

2010.09.17(Fri)

谷津田の湧水が流入する集水マスに、オニヤンマ のヤゴがいました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100915 千葉市若葉区)


オニヤンマは、ヤゴも巨大です。くびれのないずんぐりしたスタイルをしており、羽化前には5cmにまでなります。これはそのくらいありそうですから、ちょっと遅めですけれどこれから羽化しようというところなのかもしれません。


以前、泥の中に産卵する姿 を紹介しましたが、幼虫は水底の泥の中で、5年間もかけて成長するのですから、ほとんどセミ並です。この夏はご存知の通りの猛暑で、例年オニヤンマがよく発生する浅い水路などがカラカラに乾いてひび割れているのをあちこちで目にしました。そこで暮らしていた生き物たちは無事にどこかに避難できたのかどうか、考えるととても気になります。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

16:30 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑