ギンヤンマの産卵・動画編

2010.09.22(Wed)

今月初めに紹介したギンヤンマの産卵風景、別の場所で改めて、今度は動画撮影することができました。

 
(20100921 千葉市緑区)

ギンヤンマの連結産卵はあまり動きもなくとても静かで、穏やかに進行・・・とは行かず、他の雄が上空からしきりにちょっかいをかけてきます。トンボの雄というのは大体において、雌を拉致したり交尾や産卵中に略奪しようとしたり、刑事立件ものなことを平気でやるんですね。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20100921 千葉市緑区)

場所を何度か変え、小さな池のあちこちに卵を産んでいきます。このようなヤンマの仲間で、雌単独でなく雌雄連結して産卵する種類は、実は珍しいのです。

※ギンヤンマ
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

16:20 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

りょうちゃん #79D/WHSg

1. 産卵


こんばんは!
♀の方が幾らか大きいですか?
繋がったまま産卵するのはその方が♀にとって
楽なのでしょうかね?♂が産卵場所の移動などのための介助役なのでしょうか?
シオカラトンボなどでは単独で♀の産卵中におすが後ろで待機するような行動が見られましたが・・動画は行動がそのものずばり分かり易いです。

2010.09.22(Wed) 19:22 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:産卵


>りょうちゃんさん
こんにちは。
ギンヤンマの場合、雌雄ほぼ同じ大きさです。この写真のは確かに若干雌が大きいようですね。

連結産卵には、雌の体力面の他、他の雄に雌を取られないようにする意味などいろいろありそうです。シオカラトンボ、雄がよく上空で守ってますよね。

2010.09.23(Thu) 16:17 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
655位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑