ニホントカゲの幼体

2010.09.27(Mon)

この週末、「ちちぶオープンマイクフェスタ」の司会を務めるため、秩父に行っておりました。


日曜の朝に帰途につき、途中、八千代のラーメン店で昼食をとり、車に戻ろうとしたところ、駐車場の敷石にこのひとが。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20100926 八千代市)


大きさからしてこの夏に生まれたばかりのようです。ニホントカゲ は性成熟までに雄で二年、雌ではそれ以上かかります。この綺麗な色もその間だけです。なぜにこんなに目立つ色をしているのか不思議にもなりますが、実はこれ、天敵に襲われた際に「自切」をして尻尾を切り離し、この派手な尻尾がしばらく単体でのたうち回っているのに敵が目を奪われている隙に逃げてしまおうという算段なのです。田舎で猫なんか飼ってる方はそんなシーンを見たこともおありでしょう。うちの猫もよくトカゲを襲っては尻尾と格闘し、本体の方は取り逃がしておりました。


※ニホントカゲ

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

19:30 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

りょうちゃん #79D/WHSg

1. トカゲのしっぽ切り


自切と言う行為なんですか!しっぽだけのたうって注目させて、その間に逃げる・・・理に適っていますね!・・亡くなった尻尾はすぐ再生するのですか?

2010.09.28(Tue) 00:32 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:トカゲのしっぽ切り


>りょうちゃんさん
新しい尻尾はわりあいにすぐ生えてきますが、前のより小さかったりいびつだったりします。しかも、二度目の自切を行うことはできません。便利な用でも、一度きりの大博打なのですね。

2010.09.28(Tue) 17:08 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑