カトリヤンマの産卵・2010

2010.09.30(Thu)

昨年のこの時期、市内の谷津田でカトリヤンマの産卵を写真と動画に撮影しました。下の二本の記事がそうです。

カトリヤンマの産卵

カトリヤンマの産卵・撮り直し

実はこれ、千葉市内でカトリヤンマの繁殖行動が撮影された最初であったそうで、これが縁で日本蜻蛉学会のT先生と知り合うことができまして、何度も調査に同行させていただき、今でもいろいろと教えていただいています。

そして一年経って今年。雨が続いたあとの晴れの日の夕方産卵に現れているのではないかと、昨年撮影した地点付近を調べてみました。

いました、いました。

こんなような林縁の溝の、

$DAYLIGHT RAMBLER 
(20100929 千葉市若葉区)

岸辺の草むらに、それこそ数mおきに雌のカトリヤンマがとりついており、歩いていくと端から順番に飛び上がって森の中へ逃げてゆくような状態です。ここだけで数十頭、いやもっといるでしょうか。

産卵の方法は、例の「接泥静止産卵」です。卵で越冬し、孵化した幼虫は水中まで移動し、梅雨の季節以降に羽化して成虫となるのです。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20100929 千葉市若葉区)

動画でもご覧ください。

 
(20100929 千葉市若葉区)

昨年に引き続いてほぼ同一地点で記録することができ、これでこの地でのカトリヤンマの継続的な発生を裏付けることができたと思います。嬉しいことです。

私はトンボに関しては「見つけ運」みたいのに恵まれており、今年に入ってからもヤブヤンマの産卵をこれまた市内で初めて撮影することができたりしました。それもT先生などに教えを頂く中で、トンボに対してセンシティヴになっていたからこそ見つけられたのでしょう。感謝です。今後もできるだけ勉強を重ねつつ、頑張ってうろうろしていこうと思います。

※カトリヤンマ
千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

17:33 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #79D/WHSg

1. 無題


今日のブログ、わがことのように嬉しくなりました。
今までの継続の力ですね。
おめでとうございます。
そして、お疲れ様でした。

私もこれから精進していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

2010.09.30(Thu) 20:59 | URL | EDIT

りょうちゃん #79D/WHSg

2. 産卵適地


こんばんは!
水中でなく、地中に産み落として、越冬孵化したヤゴが水中に入って・・蛍のような感じで羽化するのですね?シオカラトンボのように直接水中に産卵するのと一工程多い手順を踏むメリットは?幼虫段階の餌に関係あるのですか?

2010.09.30(Thu) 23:29 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>南風さん
ありがとうございます。
二年半ほどこのブログをやってきて、自然の中の生き物の世界には「これでわかった」ということはなく、いつも知らないことばかりなのだと痛感しています。これからも精進したいと思います。宜しくお願いします。

2010.10.01(Fri) 18:34 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:産卵適地


>りょうちゃんさん
私も不勉強で、どのようなメリットがあるのかははっきり答えられませんんが、卵で越冬するので、その間は水中ではなく土中や植物組織中にあったほうが良い点もあるのかもしれません。産む場所は岸辺の土手のような感じの場所が多いので、だいたいは水の中に入るのにそれほどの苦労はないようです。

2010.10.01(Fri) 18:39 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑