さらにカトリヤンマの産卵を追いかける

2010.10.06(Wed)

引き続き、カトリヤンマの産卵を追っています。当初、実はもっと広い範囲に渡って生息・繁殖しているのではないか、と考えていたのですが、今のところその形跡は見つけられていません。昨年初めて産卵を記録した小さな谷津とその周囲の林縁の、直線にして1km程度の場所にかなりの高密度で産卵に来ています。カトリヤンマは夕暮れに集中的に出現するので、その時刻を選んで生息していそうな場所をあたるのはなかなか大変です。来年も引き続いて取り組んでいくつもりです。

しかし、カトリヤンマというのは見れば見るほど美しいトンボです。フラッシュなしで撮影するとこんな感じで、

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20101003 千葉市若葉区)

フラッシュを焚いてみるとこう。極彩色ですね。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20101003 千葉市若葉区)

産卵の合間には「ブーン・・・」というヘリコプターのような音を立てつつホバリングを繰り返します。

$DAYLIGHT RAMBLER 
(20101003 千葉市若葉区)

例によって動画にも撮影しました。産卵管を地中に差し込む様子をご確認ください。

 
(20101003 千葉市若葉区)

カトリヤンマの名前の由来は、実際に蚊を捕食するところから来ています。薄暗い林縁の湿地で夕方から活動するのも、その食性と関係があるのですね。

※カトリヤンマ
千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

10:24 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

an #79D/WHSg

1. 無題


 ヤブヤンマ以来の黄昏活動性ヤンマの産卵シーン、相変わらず貴重な映像を有難う御座います!
 僕も今年は頑張って、生息していそうな池や休耕田に通って、ヤブヤンマとカトリヤンマを観ることまでは出来ましたが、撮影は流石に難しいです(;^_^A

2010.10.06(Wed) 23:09 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:無題


>anさん
ありがとうございます。
anさんもヤブヤンマとカトリヤンマ、確認できたのですね。

湿地環境がどんどん失われる中、近所に生息地が残されている私はほんとに幸運だと思います。今後も継続的に報告できるように頑張っていきたいと思います。

2010.10.07(Thu) 21:31 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑