アオイトトンボの交尾

2010.10.09(Sat)

昨年の秋、ちょっとした偶然により、アオイトトンボの生息地を見つけました


ちょうど繁殖シーズンです。今年も観察できるでしょうか。さっそく現地に向かいます。


おお、いたいた!交尾中のカップル発見。見事にハート型ですね。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101005 千葉市若葉区)


コバルトブルーの美しい眼、白く粉を吹いた胸部。これがアオイトトンボの大きな特徴です。やはりこの池では継続的に発生していたのです。アオイトトンボは、ガマやアシのような挺水植物の繁茂した池や沼を繁殖場所としています。しかし、そのような環境は確実に少なくなり、千葉市内でも確実な生息地はほんの数えるほどでしかありません。この池、もう少し詳しく調べたかったのですが、昨年、一番たくさん観察できたポイント付近には大量の釣り人が群れをなしており(この池、一応釣り禁止なんですが・・・)、あまり調べられませんでした。日を改めてもういっぺん行ってきます。


※アオイトトンボ

千葉県レッドリスト・C(要保護生物)

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

17:42 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
641位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
71位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑