イボクサ

2010.10.12(Tue)

水田雑草って、なんだかやたらと美しい花を咲かせるものが多いですね。イボクサもその一つです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101011 千葉市若葉区)


縁のほうに行くにしたがってほんのりと紫がかった、直径1cmほどの三弁花は、光線の当たり具合により、時折はっとするくらい可憐です。この紫みは濃いのと薄いのがあり、中にはほぼ純白に近いものもあります。花の形状から何となく察しのつく方もいらっしゃると思いますが、ツユクサ科です。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101011 千葉市若葉区)


茎は横に這い、それでもってどんどん増えます。可憐なわりにカッコ悪い名前がついているのは、この植物の葉の汁をすりこむとイボが取れる、という言い伝えが古来あるからです。果たして本当なんでしょうかね。手元の本とネットでちょいと調べてみましたが、実際に薬効があるのかないのか検証した例は見当たらないようです。そんなわけで皆様、秋にイボができましたら、田んぼの畦なんかに行って、こいつをむしってきてすりこんでみるのもよろいしかと思います。ただしどんな結果になっても私は責任を持ちませぬ。<え?



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

19:26 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑