ノシメトンボの交尾

2010.10.14(Thu)

昨日の記事で取り上げた、ナツアカネたちが交尾していた 田んぼでは、たくさんのノシメトンボもまた交尾・産卵にいそしんでおりました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101011 千葉市若葉区)


ノシメトンボもやはり、宙空から卵をまく「打空産卵」を行います。ノシメトンボは現在、全体的に考えて千葉ではもっとも普通に見られる赤トンボでしょう。卵で越冬し、その卵は乾燥に強いため、乾田化にうまく適応できたのだと考えられています。しかし、今年はそのノシメトンボすら明らかに少なく感じます。もっと言えば、減少しているのはアキアカネ だけではなく、程度の差こそあれ赤トンボの仲間全般であるように思われます。


今から10年後、千葉の田んぼには赤トンボが飛んでいるでしょうか。


いや、田んぼそのものが、どれだけ残っているでしょうか?



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

21:35 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
801位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
75位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。