DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マイコアカネ・成熟雄

マイコアカネ はなぜ「舞妓」アカネというのか。それは、成熟した雄の顔面が青白い色に染まり、あたかも舞妓さんのお化粧を思わせるから・・・なのです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101011 千葉市若葉区)


なるほどこれは綺麗です・・・が、舞妓さんと言っても雄だということをお忘れなきよう。雌は基本的に全身黄褐色です。しかし、中にはたまに赤くなる個体もいます。秋に産卵、卵で越冬、という生活史はナツアカネ などと同じですが、産卵の方法が異なっており、マイコアカネは水のあるところでないと産卵できないのです。


※マイコアカネ

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/10/16 19:56 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。