アカハライモリ・2010

2010.10.25(Mon)

生き物との関りという点において、昨年の私にとって最も感慨深かったのが、11月にアカハライモリの新たな生息地を確認した ことでした。


その後も通い続けてきました。2010年秋、やはり同所周辺にアカハライモリは生息しています。少なくとも今現在、千葉市にはアカハライモリが生き続ける場所が少数ながら確実にあるのです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101025 千葉市)


見ての通り、非常にヌマエビが多くいます。ドジョウや各種のヤゴ、様々な巻貝の姿もあり、ここの生物相は近辺でも例外的に多様かつ豊富です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101025 千葉市)


コンクリートの壁面をよじのぼって休んでいます。イモリは意外に登坂能力が高く、こうした垂直面でもかなり登れます。飼っていて水槽から脱走された経験のある方もいることでしょう。喉をピコピコさせていると赤い模様が浮き出すように見えます。これは皮膚呼吸をしているのです。


私は現在まで、イモリの新たな生息地が市内に他にもないか調べ続けていますが、やはりその形跡はかすかです。今後も地道にやっていくしかないと思っております。思えば、少年時代の私はネッシーやイエティを発見するのが夢でした。大人になり、イモリやスッポン、いくつかのトンボ類などの新たな生息地を確認することができたのですから、その意味では私の夢は叶っているのかもしれません。


なお、イモリに関して、「撮影場所を教えて欲しい」といった一個人からのお問い合わせには、基本的に一切応じられません。公的なところにはすでに報告しております。


※アカハライモリ

環境省レッドリスト・NT(準絶滅危惧)

千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

17:07 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #79D/WHSg

1. 無題


>なお、イモリに関して、「撮影場所を教えて欲しい」といった一個人からのお問い合わせには、基本的に一切応じられません。公的なところにはすでに報告しております。

これって、ものすごく大事なことだと思います。
私のもとにも虫たちの撮影場所を教えて欲しいとのメール等をもらいますが、WEB上ではお教えしていません。
直接お会いして・・・と言うことなら話は別ですが、これは読者の方には申し訳ないと思う反面、種を保存する意味で大事なことだと思っています。

ネットオークションで高額で取引されるのを見れば、なおさらですね。

2010.10.26(Tue) 20:19 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:無題


>南風さん
ありがとうございます。
希少な野生生物をネットオークションで取引しているような世の中はどこか間違っていると思います。COP10のお膝元でリアルタイムでそういうことが行われているというのはきわめて悲しく、また恥ずかしいことだと思っています。

2010.10.27(Wed) 17:17 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑