DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニホンイタチ

鹿島川沿いの林縁を歩いていて、イタチに出会いました。


この場所では以前にも一度、おそらく別の個体だったと思われる(今回のより大きかった)イタチと遭遇したことがあります。その時のは用水路で何か獲っていました。今回のは土手の下でごそごそしており、私と目が合い、お互いの存在に気づくとそそくさと土手の上に登って消えてしまいました。


ああ、また撮れなかったか、残念だなあと思いましたが、なんだかまだそこらへんにいるような気配がします。じーっと動かずに突っ立っていると、一分ほどして、土手の上の藪の中から顔を出しました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101221 千葉市若葉区)


きょろきょろしながら様子をうかがっているようです。私も一生懸命じーっとします。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101221 千葉市若葉区)


あ、土手から降りてきました!


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101221 千葉市若葉区)


もはや、私との距離はわずか数メートル。ひょいと二本足で立って、私を一瞥します。くそっ、フレームからはみ出た・・・


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101221 千葉市若葉区)


さらに私の足元近くに寄ってきます。体長は30cmくらいでしょうか。ただし、尾が長いので実際よりも大きく見えます。毛並みは褐色で、色も質感もとても綺麗です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101221 千葉市若葉区)


そそくさと目の前を横切っていき、草むらの中から何かくわえ上げました。ヤマカガシ です!


DAYLIGHT RAMBLER  

(20101221 千葉市若葉区)


なるほど、こいつを仕留めて食っていたか、どこかへ運ぼうとしているところに私が通りかかったということのようです。それで、一度は逃げたものの未練げにあたりをうろうろし、回収に戻ってきたのですね。この後、ヘビを引きずって改めて藪の中へ去っていきました。


イタチは獰猛な肉食獣です。非常に狭いところも通ることができ、泳ぎも巧みです。魚、両生類、爬虫類、鳥類、ネズミなどを巧みに捕食し、自分より大きな獲物を襲うこともあります。私が子供の頃、よく母の実家の鶏小屋がイタチに襲われ、何羽も犠牲になっていたものです。以前は夜、運転中に車のヘッドライトの前を駆けてゆく姿をしばしば見かけました。里山環境の変化に伴い、生息域、生息数ともに減少していることは確かなようです。しかし、とにかく千葉市内にも、イタチという、小さいけれども美しい肉食動物がしっかりと生息しているのです。


これは全く私の推論なのですが、「ツチノコ」の正体の一つが、このイタチなのではないかと思っております。


手足が短く、体が柔軟で素早く動くイタチは、光の加減などによってまるでヘビのように見える時もあります。体のサイズ、生息するとされる環境、肉食、縦に体をくねらせる、ジャンプする、声を発する、などの特徴も完全に一致します。全てのツチノコ目撃例をイタチで説明することは到底できないでしょうけれど、中には確実にイタチを誤認した例があると思うのです。


ともあれ、ノウサギ の時も書きましたが、野生の哺乳類を日中に撮影するのは、幸運が手伝ってくれないとなかなかできないことです。とても嬉しい気持ちです。撮らせてくれてありがとう。

※ニホンイタチ

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト
[ 2010/12/21 16:53 ] 哺乳類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。