電線のツグミ

2010.12.28(Tue)

年の瀬の青空をバックに、電線にツグミ が一羽、とまっていました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20101228 千葉市若葉区)


このツグミもまた、肉が美味な鳥であり、カスミ網を用いて大量に捕獲されてきた歴史があります。無論、現在ではカスミ網の使用(学術調査目的等を除く)、ツグミの捕獲ともに法律で禁じられていることは言うまでもありません。


ツグミの雌雄は、顔や背中の色や胸の斑の色の濃さで見分けることができます。このようにくっきりとしているのは雄、やや淡いのが雌です。とは言っても一羽ずつかなりの個体差があり、冬場にはありふれた鳥ではありますが、見比べるとなかなかおもしろいものがあります。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

21:05 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

りょうちゃん #79D/WHSg

1. ツグミの受難


今晩は。
もう25年以前になりますが、岐阜県今の中津川市にあった子会社に出向していた時代、密かにツグミを食べさせるところがあって、警察に摘発されニュースになったことがあります。それ以前は、渡りのコースになっている、山の尾根筋にカスミ網を張ってとり、口コミで来る客にツグミの焼き鳥を提供していたのですね。
飲食業などではなく、保健所など監督役所の目が届かない人によって行われていたようです。
旅館などでも、ツグミはご法度だから、といってウズラを使ってツグミ風に丸焼きにして供給して居る所なんかありましたね。そお言う受難の歴史があるせいか、渡って来た当座は警戒心が強く、樹上などで過ごし、中々地上には降りてこなくなったのでしょうか?

2010.12.28(Tue) 23:36 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:ツグミの受難


>りょうちゃんさん
実は私、食べたことないんですが、美味だそうですね。
頂いたコメントのようなことを、現在でもやっているところがあるという話も聞きます。きっと昔から食べられてきたのでしょうから、警戒心が刷り込まれているということもあるのかもしれませんね。

2010.12.29(Wed) 20:50 | URL | EDIT

南風 #79D/WHSg

3. お世話になりました


本当に今年一年、お世話になりました。
ブログの方向性、内容・・・大変学ばせていただきました。
また同定のお願いなど、ご無理を言って申し訳ありません。
ありがとうございました。

来年もまたよろしくお願いいたします。

2010.12.31(Fri) 23:41 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:お世話になりました


>南風さん
こちらこそ、2010年はありがとうございました。
いつも南風さんのブログを励みにさせて頂いております。今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2011.01.01(Sat) 22:06 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑