アオジの雌雄

2011.01.11(Tue)

今までに二度ほどこのブログでアオジ を取り上げていますが、雌雄の区別についてちゃんと書いていませんでした。今回は写真で比べてみたいと思います。


まず、こちらが雄です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110111 千葉市緑区)


そして、こっちが雌。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110111 千葉市若葉区)


いかがでしょうか?雄は目先と嘴の周りが黒く、全体に濃淡がはっきりしています。雌はそれよりもずっとすっきりした色合いで、目の周りが黒くないせいか瞳もつぶらに見えます。


アオジは漢字で書くと「青鵐」という難しい字になります。「鵐」というのは「しとど」と読み、アオジ、クロジ、ホオジロやホオアカのようなホオジロ科の小鳥を総称して呼ぶ言葉で、「巫の鳥」という字面の通り神道と関係があり、古い時代、このようなホオジロ科の中のある種の鳥が巫女によって占いに用いられていたことに起因するようです。ですから、皆様もこのような鳥を一生懸命眺めてみると何か将来のこととかがわかるかもしれません。とりあえず私は二分ほどじっと眺めた結果、「アオジっていつも動いててピントの合わせにくい鳥だな」ということが改めてわかりました。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

19:15 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

りょうちゃん #79D/WHSg

1. ♀の識別に難


こんにちは。
公園では番で低木の影などで見かけます。
♂は顔の陰影がキツので分かり易く、♀はペアで居る可愛い方・・程度の識別。ところが河原の
かれた茎などで識別の迷ってしまう鳥にカシラダカとかタヒバリとかビンズイとかこのアオジの♀によく似ているのでとても迷います。アオジは公園は暗いところ、河原は明るいけど遠いところ・・きっと違う鳥という先入観が災いしてるかも

2011.01.16(Sun) 12:29 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:♀の識別に難


>りょうちゃんさん
こんばんは。
特にホオジロ科の小鳥は見分けにくいことがありますよねえ。私もアオジとカシラダカなど、撮った写真を見てからやっと識別できる時があります。

2011.01.17(Mon) 19:36 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
617位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
64位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑