ハシビロガモの雌雄

2011.01.12(Wed)

昨日の記事 に引き続き、写真で鳥の雌雄を比較してみましょう。今日はハシビロガモ です。何の脈絡もないつなぎですが、このブログはそもそも行き当たりばったりなのであります。


・・・で、こちらが雄です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110111 千葉市若葉区)


そしてこれが雌。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110111 千葉市若葉区)


カラーリングの違いから一目瞭然ですね。しかし、ハシビロガモって脚短いなあ。まるでダックスフント。


冬鳥としていろいろな水辺環境に現れ、そうとう水の汚い場所にもいます。日本語だと「嘴広鴨」、英語だと「shoveller」。shovelというのはもちろんシャベルのことです。どこの国の人も、まずは何はともあれこの嘴に目がいくのですね。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Category: 鳥類

19:39 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

りょうちゃん #79D/WHSg

1. ハシビロガモ


こんにちは。
このかもさん、富津漁港、鳥獣保護区にもいますが。採餌の方法が実にユニークですね♪
大きな水中シャベルでグルーで輪を作って、嘴を一斉に水面に置いてパクパク、なんかプランクトンでも濾し獲って居るのでしょうか?
舟を引き上げる斜面の水際で横に並んで同じような動作していました。

2011.01.16(Sun) 12:45 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:ハシビロガモ


>りょうちゃんさん
そうそう、みんなでぐるぐる回りながら頸を水に突っ込んで採餌してるの、かわいいですよね!

おっしゃる通り、プランクトンなんかを漉しとっているようです。それと、ハシビロガモは、他のカモよりも若干動物質を多く摂るようです。

2011.01.17(Mon) 19:38 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。