DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ホシハジロの雌雄

今年も千葉公園の綿打池にはたくさんのホシハジロ が越冬に来ています。


このホシハジロも、実に雌雄のわかりやすい鳥です。雄がこれで、


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110120 千葉市中央区)


雌がこれ。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110120 千葉市中央区)


間違えようがありませんね。他の多くのカモと同じく、雄はカラフル、雌は地味です。雄は瞳まで真っ赤です。体型はカルガモより小さく、コガモよりは大きいという感じで、小じんまりとしています。


北海道の釧路あたりで少数が繁殖する以外、日本列島では基本的に冬鳥です。この綿打池ではなぜか毎年、一羽か二羽が真夏にやってきていて、それは何かの原因で渡りそこねたりした個体なのでしょう。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/20 19:44 ] 鳥類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。