DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モズ

住宅地の電線の上に、モズの雌 を一羽見つけました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110125 千葉市若葉区)


モズの雌は、胸から腹にかけてうろこ状の紋様があり、また「過眼線」という、目の横を通る濃いラインが、雄では黒、雌では褐色なので比較的簡単に判別できます。冷たい風が吹く中、尾羽をピコピコと動かしながら、眼下の児童公園を見張っています。


やがて、何か見つけたのかパッと地上に飛び降りました。しかし獲物は捕まえそこねたようです。今度は近くの桜の木の枝にとまり直しました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110125 千葉市若葉区)


再び、眼下を監視し始めます。鋭い爪、鉤型の嘴。スズメ目の鳥の中でも、モズは肉食に特化した小さな猛禽です(とは言え、冬には植物の実なども摂取するようです)。モズとかかわりのある歴史上の人物といえばまず思い浮かぶのは宮本武蔵でしょうが、かの徳川家康にもちょっと変った逸話が伝えられています。まだ「竹千代」という幼名時代の家康は、鷹狩りの鷹の代りにモズを家来に訓練させており、その訓練の結果がよくなかったので、怒って家来を縁側から突き落としたというのです。事実だとしたら、苦労人の家康にも、お坊ちゃん育ちらしいわがままで短気なところがあったのでしょうか。ちなみにその家来というのが、最後まで家康に従い、後に関ヶ原の戦いの折に伏見城にたてこもって西軍を防いで戦死することになる鳥居元忠なのです。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110125 千葉市若葉区)


私も子供のころからこのモズという鳥が好きでした。鷹の代りに使いたくなった家康の気持ちもなんとなくわかるような気がします。だって、カッコいいじゃないですか、モズ。


やがて、また何か発見したらしいモズはこの体勢でぐーっと狙いを定め、


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110125 千葉市若葉区)


私が隠れていた電柱のすぐ横をかすめて、一直線に草むらに飛び込んでいきました。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/25 17:41 ] 鳥類 | TB(-) | CM(2)
1. 小さな猛禽

こんにちは。
昨年秋遣って来た時はアンテナなんかに留まって、高鳴きしていましたが、徐々に地面に近い
位置取りになって、今は、河原の数m高から獲物を狙って居るようですね。
公園、近接住宅の庭にも来ていますね♪
[ 2011/01/26 14:42 ] [ 編集 ]
2. Re:小さな猛禽

>りょうちゃんさん
こんばんは!
この季節、モズ、かなり地面に近いところでも見かけるようになりましたよね。
とまっているときの尾羽の動かし方とか、動作も見飽きない鳥ですよね。
[ 2011/01/26 18:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。