DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イソシギ

この時期、鹿島川ではよくイソシギの姿を見かけます。「磯」シギといっても海辺にだけいるわけではなく、河川、池沼などの淡水にも普通に現れます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110222 千葉市若葉区)


たいへんに警戒心が強く、「チリリー」というような鳴き声とともに、すごい速さで水面上を飛び去ってしまうので、なかなか写真が撮れません。この日はたまたま、見晴らしのいいところで撮れました。


体長は20cmくらいと、ムクドリよりもちょいと小さい、小柄なシギです。この細長い嘴を使って、水生昆虫や小型の水生動物を捕えて食べます。体の下面が白く、それが肩のところで三角形に上方に食い込んでいるのが、他のシギと簡単に見分けるポイントです。


※イソシギ

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/23 11:29 ] 鳥類 | TB(-) | CM(2)
1. 不思議のシギ

こんばんは。
名前の通り、磯やテトラポットの上なんかで見かけますが、川筋を遡って、かなり上流域までやってきて、水際や岸辺を歩いていますね。おっしゃる通り警戒心が強くて画像に撮れてもいつも遠いです。いつも孤独に採餌しているかと思うと、水面すれすれに2羽連れ立って飛んでいたり・・
群れて行動することはないのでしょうか?
[ 2011/02/23 23:28 ] [ 編集 ]
2. Re:不思議のシギ

>りょうちゃんさん
こんばんは。
イソシギ、繁殖期以外はひとりで行動することが多いみたいです。繁殖期もだいたいは一夫一妻なんですって。たまに群れをつくることがあっても数羽単位のようで、独立心旺盛な鳥なんですね。
[ 2011/02/24 19:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。