コナラの発芽

2011.02.24(Thu)

コナラは素晴らしい木です。薪炭として、あるいはシイタケの原木として、クヌギ と並んで昔から日本の里山で利用され、人々の生活に深くかかわってきました。


秋に熟したドングリが、一冬を越えていよいよ発芽し始めています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110224 千葉市若葉区)


根っこが生えて地面に刺さり、それがだんだん伸びてくると、ドングリはゆっく~り割れ始め、そして・・・


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110224 千葉市若葉区)


殻が外れて中から出てきた、この部分が双葉となります。ほうっておけば20mくらいまで大きく育つコナラの木も、はじまりはこんなもんです。赤い色が鮮やかです。


林縁を見渡せば、あちこちにこれがにょきにょき生えています。みんな大きく育っちゃったらえらいことになりますが、当然そうはならないのが世の常。コナラは「陽樹」といって、成長するのに比較的多くの光を必要とする樹木です。ですから当然、親木の真下に発芽してしまったものは大きくなれませんし、低木層が発達してしまった山では、充分な日光を受けられずに多くが死んでいってしまうのです。よく「雑木林の管理不足による荒廃」などというフレーズが目につくのは、里山において、このような高木層をなす樹木の生育サイクルが、人の手が入らなくなったことによって機能不全に陥っていることをも指すのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 樹木

20:00 | Comment(6) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

87dt surf-rider<花立毛鈎工房・波乗り部> #79D/WHSg

1. 無題


お久しぶりです!

神社のバックヤードに続く我が家、
とはいえ、神社側以外の周囲は切り開かれ
農耕地に変わっています。
田舎なので広い庭がるので
どんぐりを育ててみようかなぁ・・・・
そんなことを思いました。

2011.02.25(Fri) 22:13 | URL | EDIT

スモール #79D/WHSg

2. こならくん


美しいですね。
そして、動きを感じる組み写真。
植物だって動いてるのがわ,かります。

2011.02.25(Fri) 22:24 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>87dt surf-rider<花立毛鈎工房・波乗り部>さん
ご無沙汰してます!

私も実は、ドングリを育ててみようかなあと思っているんです。何年もの間楽しめそうなところもいいかなあ、と想像したりしています。

2011.02.25(Fri) 22:43 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:こならくん


>スモールさん
ありがとうございます。
特にこういう芽吹きは、見ていると本当に動きを感じますね。今にもにょきにょきと大きくなりそうな感じがしてしまいます。

2011.02.25(Fri) 22:43 | URL | EDIT

草尾武丸(竹麻留) #79D/WHSg

5. コナラが欲しいm(__)m


入手先教えて下さい(-人-)

2011.04.07(Thu) 22:46 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

6. Re:コナラが欲しいm(__)m


>草尾武丸(竹麻留)さん
私はうろうろ自然観察してるだけの人なので入手先などには詳しくありませんが、コナラのドングリなら雑木林沿いの道を歩いていればたくさん拾えると思います。

2011.04.08(Fri) 17:40 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑