アズマキシダグモ

2011.03.04(Fri)

午後の太陽のあたるブロックの壁面で、アズマキシダグモが日光浴をしていました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110304 千葉市若葉区)


体長はおよそ1cm。寒いせいもあるのか、レンズを近づけても微動だにしません。


キシダグモは網を張らない徘徊性のクモで、その名前は岸田久吉博士にちなんでいます。昭和43年に亡くなった岸田博士は日本のクモ学の草分けというか開拓者的存在で、また哺乳類学上の業績でも知られています。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 鋏角類

17:38 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
566位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑