ニホンアカガエルの孵化・2011年

2011.03.08(Tue)

今年初めてニホンアカガエルの卵塊を確認 してから20日ほど経ち、鹿島川・都川系の湿田ではあちこちでニホンアカガエルの卵塊、さらにはアズマヒキガエルの卵塊も見られるようになってきました。しかし、まだまだ寒い日も多く、昨日などは雪も降ったりしています。あまり寒い日があると、せっかくの卵塊も凍りついて死んでしまうこともあります。


しかし、今日見回ったところ、早くも孵化が始まっている場所もありました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110308 千葉市若葉区)


嬉しい光景です。これがなくっちゃ春は始まりません。


私は昨年に引き続き、今年も干上がりそうな場所に産卵されたやつを選んで、ニホンアカガエルの卵塊を育ててみるつもりです。その経過はまたこのブログでも随時お伝えいたします。


※ニホンアカガエル

千葉県レッドリスト・A(最重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

17:28 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
600位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。