キランソウ

2011.03.28(Mon)

ここ数日、春の野の花が次々と開花し始め、モノトーンだった道端も様々な色に彩られるようになってきました。セイヨウジュウニヒトエが水平方向に拡散したような姿のキランソウ も咲き出しました。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110328 千葉市若葉区)


別名をジゴクノカマノフタ、「地獄の釜の蓋」といいます。昨年の春にこの植物を取り上げた際、「なぜそういう別名なのかはいろんな説があってよくわからない」と書きました。そして一年が経ち、今でもやっぱりよくわかりません。薬効があり、地獄に蓋をして病人を死なせないほどなのでそう名づけられたとも、墓地などによく生育し、その格好が死者の霊をあの世に閉じ込めておくようだからだとも。


よくわからないと言えば、別名の方だけでなく、本名の「キランソウ」という名前も、漢名に由来するとされますが、その起源はやはりなんだかよくわかっていないようです。こう見えて謎だらけの花なのです。


※キランソウ

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

18:11 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑