カタクリの開花

2011.03.29(Tue)

陽当たりの良い里山の斜面で、例年より少しだけ遅めに、カタクリの開花 が始まっています。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110328 千葉市若葉区)


非常に残念なことながら、ここ千葉において、このカタクリという植物は、「盗掘」ということを抜きにしては語ることができません。これはカタクリだけでなく、シュンラン、キンラン、リンドウなども同様です。かつては普通であったはずのこれらの植物は、鑑賞目的あるいは転売目的での盗掘により、毎年すさまじいスピードで減少しています。


たいていの犯罪行為というのは、知識の不足、あるいは衣食住が十分でないことに起因します。私は声を大にして、「希少な野草を掘って持って帰る行為は大変恥ずべきものです」と言いたいところですが、情けないことに、こうした野草を掘ってゆく人たちの中には、それが良いことでないとわかっているのに、なおかつ、「この綺麗な花を手元に置いておきたい」という自分の単純な欲求を充足させたいがために掘り返してゆくというタイプの人間がいます。彼らのほとんどは中高年であるにもかかわらず、まことに幼稚で、これは正直に言ってしまえば性犯罪を犯す人間の精神構造と大差ないように思います。私の知人は、自分の持ち山に自生しているカタクリを夜間盗みに来る男がいるので張り込んで捕まえたところ、それは近所に住む退職した校長先生だった・・・という笑えない話もあります。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110328 千葉市若葉区)


生態系の中で、ひとつの種が消えるということは、その種に付随した生命活動を行っている他の種が、すべてダメージを受けるということです。そしてそれは、最後には必ず人間に跳ね返ってきます。


どうか皆様、希少な野草を家に持ち帰ろうとしないでください。ご家族や親しい友人の誰かがそのようなことをしたら、「それはいけないことなんですよ」とお話してあげてください。悪いことだと知らずにやっていた人たちは、きちんと話せば大抵わかってくれます。ただし、私が先に挙げたようなタイプの人間は、――― どんなに穏やかに話しても ――― かなりの確率で逆ギレしたり開き直ったりします。それは、自分のしていることが良くないことだとわかっているからです。その時は言ってやってください。「あなたはそれでも大人ですか?」と。


※カタクリ

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

18:04 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

南風 #79D/WHSg

1. まさしく


本当にそうだと思います。
自然界の中で、人の手によってある種を根絶やしにすることは、その種によって生きている全ての生き物のいのちを奪うことです。
そしてうばわれたいのちたちによって生かされている生き物のいのちも、奪っていきます。

採ったのはたった一本のかたくりの苗かも知れませんが、そのかたくりに生かされているのは、突き詰めていけば人間なんです。

自分で自分の首を絞めているのがわからない大人たち・・・情けないですけど、解らないのであれば、教えてあげるしかありませんね。

2011.03.29(Tue) 21:54 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:まさしく


>南風さん
これは自戒を込めて思うのですが、どのような職業・立場にあろうと、大人というものはやはり社会に対して有形無形の責任を負うものですよね。

今何をすればいいのか、何をするべきでないのか、しっかり考えながら生きていきたいと思います。

2011.03.30(Wed) 18:15 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
695位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
71位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑