シュンラン

2011.03.31(Thu)

春の蘭と書いてシュンラン。この季節、地面の乾いた明るめの雑木林に、小さな人が両腕を広げているような姿の独特の不思議な花を咲かせます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110330 千葉市若葉区)


北海道から九州まで、ほぼ全国に分布する、代表的な野生蘭のひとつです。ご多分に漏れず、千葉では乱採掘の犠牲となったり森林環境の悪化の影響を受けたりで年々減少を続け、市のレッドリストでは「B(重要保護生物)」にランクされています。それにしてもレッドデータブックというのは、動物も植物も、改めて見返すとほんの二十五年ばかり前、私が子供だった頃には普通にいたものばかりが記載されていて、寂しい限りです。


今年は特に少ないようです。この撮影場所も例年、七つ八つはすぐに見つかるところで、しかしながら今年はたったこれ一つしか咲いていないという状態でした。近いうちにもういっぺん、あたりを探してみようと思います。


※シュンラン

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

20:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑