コジャノメ

2008.06.03(Tue)

ジャノメチョウの仲間を取り上げるのは二度目ですね。



 

(20080601 千葉市若葉区)


興味のない方にとってはジャノメチョウなんてどれも同じように見えるでしょうが、種類ごとにちゃんと、模様にも色合いにも違いがあるのです。前に取り上げたヒメウラナミジャノメ と比べてみてください。


これ、民家の庭の奥から道路のほうにパタパタと飛んできたのを撮ったんですけど、不思議なくらい簡単に撮れ、「ちょっと止まってよ」と念じると私の目の前の地面に着地し、「じゃ、ちょっと開いてみようか~」と念じると、このようにパカッと。



   

(20080601 千葉市若葉区)


さらに、「ちょっとそのままでお願い」と念じると十秒ほど開きっぱなしでいてくれました。協力的なチョウがいてくれるとブログ制作上大変助かり、ありがたいことです。まあ、多分私など関係なく日光浴をしていただけなのでしょうが。


コジャノメには、ヒメジャノメというそっくりさんがいます。さらに興味を持たれた方は、画像検索等でお暇な時にでもその違いを確かめてみてください。どちらかと言うと、ヒメジャノメのほうが明るく開けた場所に多いということなようですが、私にはよくわかりません。写真を見ての通り、この写真を撮ったのもかなり明るく開けた場所ですしね。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

21:58 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
708位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
70位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑