カタクリの朔果

2011.04.10(Sun)

綺麗な花も、いつか終ります。里山の斜面林を彩っていたカタクリの花びらが落ちると、こんなものが現れます。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110408 千葉市若葉区)


まるで宇宙生物ですね。緑色のぼてっとした部分が「朔果」と呼ばれるもの、そこから突き出ているのは雌蕊です。


ちょうど花が落ちかけの状態のがありました。つまり、こういうことです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110408 千葉市若葉区)


朔果の中には種子が入っており、熟すとはじけて散布するという仕組みです。またこの際、アリの好む物質を出すので、アリが種子を巣に運び、これによってカタクリは分布を広げてゆきます。自力では動けない植物も、あの手この手で子孫繁栄を狙ってゆくのです。

※カタクリ

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

23:26 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑