DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

カタクリの朔果

綺麗な花も、いつか終ります。里山の斜面林を彩っていたカタクリの花びらが落ちると、こんなものが現れます。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110408 千葉市若葉区)


まるで宇宙生物ですね。緑色のぼてっとした部分が「朔果」と呼ばれるもの、そこから突き出ているのは雌蕊です。


ちょうど花が落ちかけの状態のがありました。つまり、こういうことです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110408 千葉市若葉区)


朔果の中には種子が入っており、熟すとはじけて散布するという仕組みです。またこの際、アリの好む物質を出すので、アリが種子を巣に運び、これによってカタクリは分布を広げてゆきます。自力では動けない植物も、あの手この手で子孫繁栄を狙ってゆくのです。

※カタクリ

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/10 23:26 ] 山野草 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。