ニホンイシガメ@綿打池

2011.04.13(Wed)

千葉公園の綿打池は、今の季節、老若男女様々な人々でにぎわっております。池の周りの桜が綺麗だからです。今日は天候も良く、あちこちにビニールござが敷かれ、皆思い思いに酒盛りをしたり写真を撮ったり歓談したりしています。


しかし、私の目的は桜ではなく、この池のカメなのであります。


中の島の岸辺で、ニホンイシガメが日光浴をしていました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110413 千葉市中央区)


イシガメにしてはなかなか大きなカメです。断言はできませんが、一昨年撮影したこのひとと、どうも同じカメのような気もします。 首とお腹に花びらがくっついていますね。なかなか風流です。


この池にはご多分に漏れず大量のミシシッピアカミミガメ、それにクサガメ、そして少数ながらこのイシガメと揃っています。イシガメは銭亀上がりの放流個体かもしれませんが、あるいは昔からこの池にいたものの子孫か、都川系河川からやってきたものなのかもしれません。この池にいるイシガメが皆、比較的老成した大きな個体が多いことからも、その可能性は高いように思います。


※ニホンイシガメ

環境省レッドリスト・DD(情報不足)

千葉県レッドリスト・B(重要保護生物)

千葉市レッドリスト・A(最重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ





関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

18:00 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑