ツマキチョウ

2011.04.18(Mon)

ツマキチョウは千葉県/千葉市のレッドリストに掲載されている種ではありませんが、実はこの三年間、一度もまともな写真が撮れたことがありませんでした。ツマキチョウは私の行動範囲の中では数自体それほど多くない上、あまり「とまらない」ため、めったにシャッターが切れないのです。


そこを珍しくもこの日はじーっとしててくれている協力的なチョウに出会い、カシャカシャと撮らせて頂きました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110417 千葉市若葉区)


表はモンシロチョウなんかと大差ないツマキチョウ。裏はこのように、大理石系というか迷彩服系というか、なんとも不思議な模様をしています。翅の先端に赤い模様があるのは雄です。年一回、春にだけ成虫が現れるので、この時期を逃すとまた来年まで撮れない運命にあるところでした。


幼虫はアブラナ科植物を食草とし、「共食い」をすることもあるそうです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・チョウ目

17:59 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
650位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
72位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑