キボシアシナガバチの肉団子作り

2008.06.05(Thu)

雨上がりの午後、葉陰でイモムシを団子に加工しておりました・・・



   

(20080602 千葉市若葉区)


ちょっとしたスプラッタです。もはや何のイモムシかわからなくなってますが、チョウあるいはガの幼虫だと思われます。このように加工するのは無論、巣に持ち帰って幼虫に与えるためです。人間で言えば、猟師さん+食肉加工業者さん+宅配サービスさん+ベビーシッターさん、という四役までをひとりでこなしているわけです。とても働き者です。


ご覧の通り、カメラを近づけたりしてもわりと平気ですが、やっぱりあまりいじめたりしないほうがいいに越したことはないと思います。刺されたら痛いですからねえ。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハチ目

18:32 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑