DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒメハギ

なんだか最近、植物ブログみたくなってますね。春の終りから夏の初めには、綺麗な野の花がたくさんあるのです。今日は陽当たりの良い斜面で、千葉ではちょっぴり珍しいヒメハギが咲いているのを見つけました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110506 千葉市若葉区)


花の形状、また名前に「萩」が入っているところからもマメ科を連想させますが、実際には独立のヒメハギ科に属しています。一つ一つの花の大きさは、ほんの指の爪程度です。こうした陽当たりの良い場所では地を這うように伸びますが、せいぜい両方の掌で抱えられるくらいにしか広がりません。気をつけないと見落としてしまう、見つけるとちょっぴり得した気になる、そんな花です。


※ヒメハギ

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/06 16:22 ] 山野草 | TB(-) | CM(2)
1. 山

子供の頃これを見つけたのですが
図鑑でマメ科を探しても名前が判りません
仕方が無いので
牧野富太郎原色植物図鑑を
端から見て行くという絨毯爆撃で探しました
ヒメハギ科みたいな小グループは巻末なので
大変苦労した思い出があります

それにしても複雑な形の花ですよね
それを数日とは言え鮮明に記憶できた子供の頃
今とは全然違います
[ 2011/05/07 10:02 ] [ 編集 ]
2. Re:山

>うりゅうさん
私も、ヒメハギを初めて見たときは図鑑のマメ科のところをひっくり返して「わー、どこにものってない!」なんてやってました(笑)。

改めて見ると本当に不思議な形をしていますよね。千葉ではけっこう限られているので、生息地を見つけられて嬉しかったです。
[ 2011/05/07 19:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。