アカガネサルハムシ

2008.06.05(Thu)

よく小さいもののたとえで「豆粒のような」なんて言いますけど、このアカガネサルハムシは触角まで入れて1cmあるかないかですから、文字通り豆粒程度の大きさですね。



   

(20080604 千葉市若葉区)


でも、見てください、この金属光沢。曇った日なのが残念でなりません。日光が当たっているととんでもない美しさです。


ブドウ類の葉をよく食べるということですが、このひとはアジサイにくっついていました。それほど珍しい虫ではないのですが、やっぱり視覚的に綺麗な虫というのは出会うと嬉しいものです。タマムシの美しさがあれほど誉められるなら、この虫だってもっとちやほやされていいはずなんですが、やっぱり小さくて目に入りにくいのかな?

関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

19:05 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

月別アーカイブ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
83位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑