ヒバカリ

2011.05.10(Tue)

ヒバカリは、春から秋の間、毎年かなりの数の轢死体に出会いますが、生きたのをカメラに収める機会は実はあまり多くないのです。この写真のような、林床の日陰の暗いところや水辺を好み、太陽のかんかん照っているようなところにはめったに出てきません。大きくても60cm程度と小柄なヘビです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110507 千葉市若葉区)


頸部の両サイドの白い模様が特徴です。体色はこのような濃い褐色の他、もっと薄い色のものや、ほとんど赤に近いものもいます。泳ぎがなかなかうまく、水辺ではカエルやオタマジャクシ、小魚を捕食し、地上ではミミズなどをよく食べるようです。


それにしても謎なのが「ヒバカリ」という名前。「噛まれたらその日ばかり」ということからきている、というのですけれど、もちろん無毒のヘビなのです。どこで誰が何を間違えたのでしょうか・・・


※ヒバカリ

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

17:24 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

an #79D/WHSg

1. 無題


 去年、ゲンジボタルを観に行ったときに、田んぼでヒバカリの子供を沢山見ましたよ。 愛知では危惧種にはなっていませんが、めったに観ないヘビですよね。
 ちなみに、ヒバカリを初めて見たのは中学生の時でしたが、図鑑でしか見たことが無かったので、触ってみたところ大変おとなしく、持ち帰って一ヶ月ほど水槽に入れて飼ってみましたが、ホントに穏やかな性格で威嚇してくることもなく、わざと啄いて威嚇の様子を観察したのですが、頭を三角形にして威嚇行動をするので、このことから毒蛇と勘違いされたのではないかと思います。
 その後、水槽にエサ用に入れたコオロギの減りがあまりに悪いので逃しましたが、小魚を好んで食べるんですね!勉強になりました。

2011.05.10(Tue) 19:54 | URL | EDIT

ヤス@波止釣り師 #79D/WHSg

2. 無題


自然の中のヘビさん、はじめてみましたw
最近、轢かれたヘビさんみること全くないです。。
自然が壊されてるのでしょうか・・・

2011.05.11(Wed) 00:12 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>anさん
ヒバカリ、おとなしくてかわいいですよね。
水大好きなヘビなので、蛍のいるような湿地帯には、確かに生息数も多いと思います。潜水なんかもうまいですよね。

威嚇行動、私はまだ見たことがないんです。少しうらやましいです。

2011.05.11(Wed) 15:18 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:無題


>ヤス@波止釣り師さん
地域や種類によって、かなり減少しているものがあるようですね。

うちのほうではシマヘビやマムシが非常に少なくなりました。環境の悪化や農法の変化などいろいろな要因があるようです。

2011.05.11(Wed) 15:21 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑