シュレーゲルアオガエル、水路に集まる

2011.05.14(Sat)

この日、谷津田の水路に、大量のシュレーゲルアオガエル が集まっていました。ほんの十数メートルほどの区間で、実に十匹をカウントしました。

DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110509 千葉市若葉区)


ニホンアマガエル も同じところに集まっています。下の写真、シュレーゲルが一匹とアマガエルが六匹写っているのですが、どこにいるかわかるかな~?


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110509 千葉市若葉区)


彼らがここに集まっているのは、言うまでもなく繁殖行動のためでしょう。夜が来たら田んぼに出て抱接・産卵にかかるつもりなのです。アオガエルとアマガエルは指に吸盤があるので、他のカエルと異なり、成体であればこのような三面張り水路でも立体的に移動できるのです。

シュレーゲルアオガエルの卵塊は、他のカエルとはちょっと違っており、こんな姿をしています。撮影日は同じですが、別の谷津田で撮ったものです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110509 千葉市若葉区)


こういう泡の塊のようなのを、畔の土手に掘った穴などに産みつけるのです。生まれたオタマは、雨の日に増水した際に水中へ流れ落ちてゆき、そこで育つという寸法です。つまり、雨の降るタイミングが悪いと全てはうまくいきません。なかなかハイリスクです。


そして、成体たちも、水辺にこうして集まっても、無事産卵行動に移れるかどうかはわかりません。なぜなら、水路にはカエルを心から愛する、こんなひとも来ていました。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110509 千葉市若葉区)


シマヘビ に出会ったのは、今年初めてです。体長1mほどの、なかなか美しい個体でした。


※シュレーゲルアオガエル

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ










関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

17:54 | Comment(4) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ヤス@波止釣り師 #79D/WHSg

1. 無題


シュレーゲルをいままで

シュノーケル、

とおもってました。(爆)
もぐってずーっとやってるからかとおもってw

2011.05.14(Sat) 21:33 | URL | EDIT

南風 #79D/WHSg

2. 無題


シマヘビ、本当にきれいな個体ですね。

ヘビもカエルモ生きるのに必死。
なので、自分の一挙手一投足が、彼らの妨げにならないようにと思います。

福島原発事故以来、自然に対する考え方が、ものすごく狭くなったように思います。
でも、それで良いと思います。
そうでなくてはならないと、そう思います。

2011.05.14(Sat) 22:03 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

3. Re:無題


>ヤス@波止釣り師さん
シュレーゲルって実は人名なのです。ヘルマン・シュレーゲルさんという人がこの種を記載したのでその名がついてるんですね。

2011.05.15(Sun) 11:46 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

4. Re:無題


>南風さん
シマヘビは本当に少なくなりました。出会えて嬉かったです。

震災のことを「天罰」なんて言ったクソ野郎もいましたが、私たちはせめて、自分と世界とのかかわりをより深く考えていきたいですね。

2011.05.15(Sun) 11:48 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
826位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
78位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑