DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤマカガシ、ニホンアマガエルを捕食する

繁殖行動のために田んぼの周囲に集まってくるニホンアマガエルたち。小さな昆虫や無脊椎動物にとって、カエルは上位捕食者です。しかし、ヘビや鳥類にとっては、カエルは生きてゆくための栄養源でもあるのです。

道端で、何かをくわえているヤマカガシを見つけました。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20110513 千葉市若葉区)

口元を拡大すると・・・

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20110513 千葉市若葉区)

アマガエルは生きており、必死に抵抗しますが逃れられません。

$DAYLIGHT RAMBLER 
(20110513 千葉市若葉区)

ここで、ウォーキング中の女性が通りかかったため、ヘビは路肩の草むらに移動します。驚くべきことに、この女性はすぐ足元のこの光景に全く気付きませんでした!カエルはなおももがき続け、甲高い悲鳴のような音も発します(ヘビに呑まれる際、カエルはまるで笛のような声を出すことがあります)。動画を撮影しました。



よく知られている通り、ヘビは獲物を捕食する際に顎を大きく開くことができます。2分後、カエルは完全にヘビの喉の奥に引き込まれてゆきました。なんとこの状態でもカエルは抵抗をやめず、ヘビの頭をつかんだりしています。手ブレが激しいですがご容赦ください。



最後まで前脚が見えていますが、

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20110513 千葉市若葉区)

ほどなく、蠕動のような動きでさらに奥へと引き込まれ、口が閉じられます。

DAYLIGHT RAMBLER DAYLIGHT RAMBLER 
(20110513 千葉市若葉区)

ここだけ見ているとまさにツチノコですね。

自然の中で命がパスされてゆく数分間でした。たまたま私の前でそれが繰り広げられたのも、何かの縁だと思います。皆様は何をお感じになられたでしょうか。

※ヤマカガシ
千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)
千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/15 11:53 ] 爬虫類 | TB(-) | CM(4)
1. 無題

我々人間も、形は違えど、命をいただいていますもんね。
動画で、必死の抵抗のところ、ちょっと複雑でした・・
[ 2011/05/15 23:53 ] [ 編集 ]
2. Re:無題

>ヤス@波止釣り師さん
命をいただくというのは私たちもみんな普通にやっていることなんだけど、その光景に向き合うのは重いですね。私も気持ちの中で手を合わせてました。
[ 2011/05/16 18:06 ] [ 編集 ]
3. 無題

貴重な映像だと思います。残酷な自然の一面ですが、自然界ではごく日常的なことなのですよね。

もう一つ重要なことは、捕食者も楽して獲物を得ているわけではなく、彼らもまた生きるために必死なのだ、ということでしょう。
[ 2011/05/18 00:10 ] [ 編集 ]
4. Re:無題

>ひえぴょんさん
その通りですね。カエルの立場で見ればカエルに肩入れし、ヘビの立場で見ればヘビに肩入れしてしまいます。人間は直接「命をいただく」行為を他の誰かにやってもらうようになりましたが、自然界ではそれは最も日常的な瞬間なんですね。
[ 2011/05/18 11:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。