DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヒゲナガハナノミ(♂)

昨年6月に雌を取り上げたヒゲナガハナノミ 、今回は雄を取り上げます。昨年の記事と見比べればお分かりのごとく、雌雄でずいぶんカラーリングが異なっています。そして、雄の触角は櫛状でたいそう立派です。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110517 千葉市若葉区)


初夏の一時期、谷津田の林縁などで見かけます。幼虫は水棲であるということですが、その生活史には不明な点も多いようです。そもそも成虫の食性さえよくわかっていないという、比較的身近でありながら謎の多い昆虫です。


※ヒゲナガハナノミ

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/17 19:28 ] 昆虫類・甲虫目 | TB(-) | CM(2)
1. 無題

オトシブミとか、ゾウムシに似てる気が・・

近いのでしょうか??
[ 2011/05/17 23:18 ] [ 編集 ]
2. Re:無題

>ヤス@波止釣り師さん
ゾウムシやオトシブミはゾウムシ上科、ナガハナノミ科はドロムシ上科というのに属しており、甲虫の中ではあまり近くはないんですね。

ただ、このナガハナノミの仲間はまだ十分に研究がなされておらず不明な部分が多いので、色々な意味で今後新たな事実が解明される可能性も高いです。
[ 2011/05/18 11:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。