ムラサキカタバミ

2008.06.06(Fri)

枕草子にも出てくるカタバミとは異なり、こちらは比較的新しく、江戸時代の終わり頃に観賞用に日本に持ち込まれたのが最初らしいです。



 

(20080604 千葉市若葉区)


それが今では庭に道端、畑に野原と生え放題。地下に根っこを伸ばしてじゃんじゃん繁殖するので放っておくとえらいことになったり。


しかし、もと観賞用だけあってさすがに花は綺麗ですね。特に私は、花の中心部が淡いグリーンになってるところが好きです。

関連記事
スポンサーサイト

Category: 山野草

21:25 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ルイ #79D/WHSg

1. わぁい。


可愛い色ー。

でも侵食しますね。これは(笑

2008.06.07(Sat) 00:51 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. そう


どこにでも・・・入り込むんですよね、これとかニワゼキショウとか。綺麗だけどやっぱり困る時には困りますね。

2008.06.07(Sat) 23:38 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
44位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑