アズマヒキガエルの幼生が上陸間際

2011.05.19(Thu)

先月、アズマヒキガエルのオタマジャクシが群れをなしていた 例の溝をのぞきにいってみました。


・・・相変わらず高密度というか、寄り集まっています。下の写真の黒いとこ、全部オタマジャクシです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110517 千葉市若葉区)


そこをさらによく見てみると、もうほとんどの個体が後肢だけでなく前肢まで生え、変態・上陸に取りかからんとする体勢です。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110517 千葉市若葉区)


おとなのヒキガエルが10cmを越えるのに対し、変態時の体長はわずか1cm。アマガエルやアカガエルなどと比べても、これはぐっと小さいのです。性成熟するのに雄は2、3年、雌は3、4年ですから、数年間で数倍以上に成長することになります。そして両生類は死ぬまで大きくなり続け、最大級のものは16cmを越えるまでになります。ヒキガエルの寿命は、条件が良ければ10年を越えるということです。


※アズマヒキガエル

千葉県レッドリスト・C(要保護生物)

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ




関連記事
スポンサーサイト

Category: 両生類

20:10 | Comment(2) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

ヤス@波止釣り師 #79D/WHSg

1. 無題


もうおっきくなったんですね!
あーほんとに黒いの全部オタマジャクシ・・・ww
実物見ると、後ずさるかも知れませんw
1センチなんてかわいらしいですね(^o^)

2011.05.20(Fri) 11:39 | URL | EDIT

tak #79D/WHSg

2. Re:無題


>ヤス@波止釣り師さん
とにかくヒキガエルのオタマは非常に寄せ集まっています。色が真っ黒で小っちゃくて、とても成体と同じ種類とも思えません。かわいいです。

2011.05.20(Fri) 17:32 | URL | EDIT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
62位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑