クサガメの幼体

2011.05.22(Sun)

田植えも済んだ谷津田の水の中を、クサガメ の赤ちゃんがゆっくりと歩きまわっていました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110519 千葉市若葉区)


甲長は4cmほど。クサガメは晩春から夏にかけて産卵し、その後2ヶ月くらいで孵化しますので、この子は昨年の秋くらいに生まれ、一冬越えてきた個体でしょうか。おとなよりも背甲が丸っこく、稜線が強く出ています。


カメラを近づけると、逃げずに首をすくめ気味にしてじっとしていますが、


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110519 千葉市若葉区)


そこはカメなので、こちらもじっとカメラを構えたままでいると、やがて首を伸ばして呼吸し、また行動し始めます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110519 千葉市若葉区)


前にも何度も書いていますが、クサガメは広い行動範囲を持ち、河川・池沼・陸地を含む環境をダイナミックに移動しながら採餌・繁殖などを行います。例えば産卵などは、かなり水場から離れた場所ですることが多いようです。ですから、単にカメがいる川なり池なりだけを保全しても、保護したことにはならないのです。野生の動物を保護しようとする際には、その動物がどのような生活史と生活環境を持っているかをまずよく知ることこそが、何よりも肝要でありましょう。


※クサガメ

千葉県レッドリスト・情報不足

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ






関連記事
スポンサーサイト

Category: 爬虫類

20:44 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
593位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
63位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑