DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミシシッピアカミミガメの幼体

これすなわちミドリガメです。ペットショップや水槽の中で泳いでいたのなら「カワイイね」で済むけれど、自然環境下の、谷津の奥の池にうようよしているとなると、やはりちょっと複雑な思いにとらわれます。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110610 千葉市若葉区)


これで甲長4、5cmほど。小さいうちはこのように緑色ですが、やがて成長とともに黒くなっていきます


ミシシッピアカミミガメは、汚水などにも強く、また産卵数自体も在来種のカメよりも多いのですが、それら在来種のカメを駆逐して日本全国の水辺に溢れ返るようになった最大の理由は、何と言っても年間数十万匹から百万匹が輸入されているという、その天文学的な流通量にあるでしょう。先にも書いたように大きくなると綺麗ではなくなる上、性質も攻撃的になるため、結局遺棄される個体が後を絶たないのです。亀は万年といいます。実際の寿命はまあ数十年としても、犬や猫より数倍も長生きするわけで、それを考えれば本来、このような外来種のカメは、何も知らない子供にあまり気軽に与えるべき生き物ではありません。最後まで責任を持つことが何よりも重要です。


南アフリカや韓国では、既に輸入が禁じられています。飼育を規制すると放流個体が増える恐れは大きいですが、さしあたり輸入だけでも規制するという手段はとれないものでしょうか。


※ミシシッピアカミミガメ

アカミミガメとして要注意外来生物



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/11 17:56 ] 爬虫類 | TB(-) | CM(6)
1. 無題

全く仰せのとおりです。安易な外来生物の輸入、ペットの氾濫と放棄、規制を含めてもっと真剣に考えたいことです。

ミドリガメ、やっぱり野生化して繁殖してるのですね。出あうのはクサガメの赤ちゃんばかりなので、ちょっと安心してました。
[ 2011/06/11 18:36 ] [ 編集 ]
2. 本当に増えていますね

愛知や静岡に釣りに行くと
河川や湖沼で必ず見かけます
ミドリガメサイズを見かける事も
網に入ることも普通になってしまいました

アカミミガメが居るその場所は
本来クサガメやスッポン
場合によってはイシガメが居るべき場所です
でも彼らの戦闘力では
太刀打ちできませんね
[ 2011/06/11 22:00 ] [ 編集 ]
3. 無題

ミドリガメをペットショップで買い、最後まで面倒を見る人がどのくらいいてるか・・・と思います。
小さいから、飼いやすいなんて思って飼うのは、大きな間違いですよね。

そして安易に川や池に捨てるのは、絶対に止めてほしいですね。

家の近くの河川敷の小さな川にも、昨年までアカミミガメはいてなかったのに、今年初めて、大きくなったアカミミガメを発見しました。
クサガメやイシガメばかりと思っていたのに・・・
残念です。
[ 2011/06/12 11:38 ] [ 編集 ]
4. Re:無題

>スモールさん
外来生物の安易な輸入と飼育に関しては、本当に真剣に考慮しなければなりませんよね。また、規制の在り方も個別に柔軟な対応をしてゆくことが必要だと思います。
[ 2011/06/12 21:46 ] [ 編集 ]
5. Re:本当に増えていますね

>うりゅうさん
千葉でも、多くの河川や湖沼でアカミミガメが氾濫しています。在来のカメの運命を考えると気が重くなりますね・・・
[ 2011/06/12 21:47 ] [ 編集 ]
6. Re:無題

>ミントさん
飼い主の方が先に死ぬことも考えなければならないくらい、本当はカメって大変な生き物なんですよね。安易に捨てることがいかにいけないことか。子供たちにも教えなければならないと思います。
[ 2011/06/12 21:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。