オオシオカラトンボの交尾・2011年

2011.07.05(Tue)

ホトケドジョウ を見つけた谷津の奥で、集水マスから這い出すと目の前でオオシオカラトンボ が交尾の真っ最中でした。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110630 千葉市若葉区)


このようにつながった状態のままで、羽音とともにゆったりと飛び回ります。開けた場所を好むシオカラトンボ に比べると、背後に森を控えたような場所に多く、雄はよく林縁の溝の上などで「見張り」をしているので、雌よりよく人目につきます。


産卵は、植物の多い浅めの水面に、雌がお尻を叩きつける「打水産卵」方式で行われます。このカップルがとまっている枝の真下には、ちょうどおあつらえ向きの溝が流れていました。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ


関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・トンボ目

17:02 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑