DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チョウトンボ

昨日の記事で取り上げたコフキトンボ を撮影した池には、非常に多くのチョウトンボがいました。コフキトンボの項で書いた、「挺水植物や浮葉植物の多い、開けた水面のある止水」という環境は、チョウトンボの好む環境でもあるのです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110711 千葉市緑区)


危険なので池にはいらないでください、の看板にとまったところをパチリ。光線の当たり方により、その蝶のように幅広い翅は黒から紫、あるいは緑と様々な色に輝きます。昆虫愛好者の中でも、この美しいトンボにあこがれる人は多いことでしょう。実際、水面上をひらひらとゆっくり舞う姿は幻想的ですらあります。一方で、縄張り意識が強く、他の個体と交錯すると「ギュイーン」という感じで俄然素早く動き、空中で音を立ててとっくみ合いさえします。この写真のトンボもよく見ると右の前翅が少し傷ついていますね。


正面から見るとこの通り、やっぱりトンボだな、という顔つきです。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110711 千葉市緑区)


残念ながら、このような「挺水植物や浮葉植物の多い止水」環境は、千葉に限らず全国でどんどん減少しつつあります。特定の環境に発生する生き物は、ある場所で一見、たくさんいるように見えても、その場所が人為的に改変されてしまうと以後それっきりいなくなってしまう、というパターンで地域的に姿を消してゆくことが多いのです。


※チョウトンボ

千葉県レッドリスト・D(一般保護生物)

千葉市レッドリスト・B(重要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ







関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/13 18:58 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。