DAYLIGHT RAMBLER

日々に出会った様々な動植物について綴っていきます。文章及び画像の無断転載禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コシアキトンボ

漢字だと「腰空蜻蛉」と書きます。雄の胴体にある白い部分が、そこだけ空いているように見えることからの命名です。


DAYLIGHT RAMBLER  

(20110713 千葉市若葉区)


雌はこの白い部分が黄色く、オオシオカラトンボの雌にちょっと似ています。挺水植物の多い、周囲に森林がある池などに多く、かなり水が汚いようなところにも発生します。雄は縄張り意識が強く、よく空中でとっくみ合いをしています。この写真の個体も、翅がボロくなっているのはそのせいかもしれません。いつも飛んでいてあまりとまることがなく、いるところに行けばたくさんいる割にはなかなか撮影のしにくいトンボでもあります。


※コシアキトンボ

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/16 15:15 ] 昆虫類・トンボ目 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。