路上のヤマトタマムシ

2011.07.23(Sat)

真夏の暑い日、雑木林の林縁ではこのひとたちが高いところを飛ぶ姿はまるで昼間の花火のようにきらめいて見えます。一匹、路上に下りてきていました。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110722 千葉市若葉区)


なんだか翅がへこんでいますが、元気にしゃかしゃか動いています。正面に回ると、顔はこんなふう。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110722 千葉市若葉区)


・・・このあと、また飛んでいってしまいました。


なぜ、タマムシが高いところをよく飛んでいるのかというと、ニレ科を主とした木の葉を食べているからです。幼虫はこれらの枯木の材質を食べて成長しますから、まさしくその生活史を通じて雑木林に依存した昆虫であるということが言えます。ですから、一見緑の深い山でも、スギやヒノキばかりが植林された森では、どう頑張っても彼らは生活してゆくことができないのです。


※ヤマトタマムシ

千葉市レッドリスト・C(要保護生物)



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)
人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・甲虫目

20:40 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
494位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
48位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑