サキグロムシヒキ

2011.07.27(Wed)

サキグロムシヒキは、オレンジ色の腹部とその先端の黒い交尾器が特徴のムシヒキアブです。


DAYLIGHT RAMBLER  DAYLIGHT RAMBLER  

(20110726 千葉市若葉区)


都川沿いの林縁で出会いました。この周辺では比較的珍しく、マガリケムシヒキシオヤアブ と比べると、見かける機会はかなり少ないのです。体長は2.5cm程度。


他の昆虫を狩り体液を吸い取るムシヒキアブの仲間は、獲物を背後上空から襲うという特徴を共通して持っています。植物上などで待ち伏せし、一気に飛び出して口吻を突き刺すことで仕留めるのです。このため、自分より体の大きい、または恐ろしい武器を持っているような相手にも、ほぼ反撃されることはありません。大型のトンボやハチの仲間も、その餌食になるのです。



(ブログランキングに参加しています。気が向いた方はクリックを)

人気ブログランキングへ



関連記事
スポンサーサイト

Category: 昆虫類・ハエ目

20:39 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

COMMENT

POST COMMENT


プロフィール

大島健夫

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
587位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
59位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑