アトリ

2017.01.04(Wed)

新年おめでとうございます。

平成29年は酉年ですので、このブログの更新もまずは鳥から。拙宅近くの桜並木に、アトリの群が来ていました。

20170104IMG_5614.jpg
(20170104 千葉市美浜区)

スズメ目アトリ科、スズメより大きくホオジロより小さな、色鮮やかな小鳥です。ユーラシア大陸北部で繁殖し、冬になると日本にやってきます。群で暮らしていて、時にはずいぶん数多くが集まっていることもあります。どちらかと言うと西日本に多い鳥ですが、今年は千葉県内でもあちこちで見かけます。この鳥の群がいると、冬枯れの枝と青い空の風景に、暖かい色彩を足したような感じがしますね。

愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~愛すべき里山の生き物たち 第1集 ~名前の由来編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-08-20
売り上げランキング : 148446

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 鳥類

20:38 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ヤツガシラ

2016.12.30(Fri)

さて、テルアビブの街角では、イスラエルの国鳥、ヤツガシラにも遭遇することができました。

20161230IMG_5548.jpg 20161230IMG_5549.jpg
(20161225 イスラエル・テルアビブ)

ヤツガシラはサイチョウ目の鳥で、ユーラシア大陸中部から南部、ヨーロッパ、中近東、アフリカに分布しています。日本ではたまに旅鳥として飛来するくらいで、どこかに降りてくると鳥愛好家の皆様がゾロゾロと集合してきます。かつて皇居に一羽が飛来し、その折には、折しも芋掘りをしていた昭和天皇が「双眼鏡を持ってきなさい」と侍従に命じ、どうして芋を掘るのに双眼鏡がいるのかと侍従を不思議がらせたという逸話も残っています。ここテルアビブでは芝生でせっせと虫をつついておりました。

愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~愛すべき里山の生き物たち 第3集 ~里山のハンターたち編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-12-19
売り上げランキング : 162702

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Category: 鳥類

12:52 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ワライバト

2016.12.29(Thu)

12月24日から27日まで、テルアビブとエルサレムで開催される国際ポエトリースラム"Israel Slamstival"出場のため、イスラエルに滞在しておりました。滞在期間が短いためあまり生き物を撮る時間がなかったのですが、宿泊先から会場へ歩いている際に、日本にはいないワライバトに出会いました。

IMG_5541.jpg
(20161225 イスラエル・テルアビブ)

ワライバトはアフリカ、中東、南アジアに自然分布するハトで、ドバトよりも一回り小さく、ほっそりした体形です。街角でしばらく観察した感じ、同じ場所で餌をとるのにもドバト(いっぱいいます)とはあまり混じらず、独自の群で行動しているようでした。名前の由来は、鳴き声が笑い声のようだからだと言うんですが、残念ながらそれは確かめられずじまいでした。

愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~愛すべき里山の生き物たち 第2集 ~弱者の生存戦略編~
大島 健夫

マイナビ出版 2014-10-30
売り上げランキング : 161542

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Category: 鳥類

15:20 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

ハイイロゲンゴロウ

2016.12.22(Thu)

まるで春の訪れのように暖かかった本日。調査のために谷津田の池に仕掛けた網からはハイイロゲンゴロウが出てきました。

20161222IMG_5495.jpg
(20161222 袖ヶ浦市)

成虫越冬のハイイロゲンゴロウは、こうして水中で寒い季節を過ごすのです。ゲンゴロウの仲間の中では普通種に近く、高温や富栄養化にも強いので時には公園の池のようなところでも見かけます。改めて見るとその鞘翅は工芸的で非常に美しいものがあります。

この池ではここ数年、継続的に調査を行っていますが、ハイイロゲンゴロウが捕れたのは初めて。近隣のどこかから引っ越してきたのでしょうか。

▽ハイイロゲンゴロウに関する過去の記事
ハイイロゲンゴロウ 2011.8.3

ちょっと少なくなってしまった里山の生き物たちちょっと少なくなってしまった里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-06-17
売り上げランキング : 163492

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 昆虫類・甲虫目

22:53 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

アダンソンハエトリ(♀)

2016.11.21(Mon)

若葉区から美浜区に引っ越して1年半以上が経ちました。我が家には常にハエトリグモが住んでいます。白い壁をぴょこぴょこ歩き回っている姿はなかなかかわいらしいもので、なんだか家を守護してくれているような感じがします。

以前このブログで雄の姿を紹介しましたが、今回は雌を紹介します。

20161121IMG_5150.jpg
(20161116 千葉市美浜区)

より少々地味めな色彩をしており、また大柄です。アダンソンハエトリは1年ほどの寿命があるそうですので、この個体はこのままどこかの隙間で冬を越すのでしょうか。元来南方系のアダンソンハエトリは、地球温暖化に伴い少しずつその分布を拡げています。我が家に暮らしているハエトリグモとしては、他にシラヒゲハエトリがいます。

▽アダンソンハエトリに関する過去の記事
アダンソンハエトリ 2015.5.14
アダンソンハエトリ 2011.8.21

本当は美しい里山の生き物たち本当は美しい里山の生き物たち
大島 健夫

マイナビ出版 2015-12-19
売り上げランキング : 153976

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Category: 鋏角類

21:01 | Comment(0) | Trackback(-) | EDIT

プロフィール

Author:大島健夫
1974年11月20日生まれ。千葉生まれ千葉育ち。美浜区在住。

記述の中に間違いや誤解を見つけた方、またそれ以外にも何かございましたら、どうか
inaka_jikan@yahoo.co.jp
まで送っていただけると幸いです。

大島健夫公式サイト

ツイッター

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
学問・文化・芸術
963位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自然科学
91位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
↑